フォーカス

仏メディアはエディを称賛? 新生「セリーヌ」への講評の違いから見える米仏のフェミニズムと自由の概念

 10月2日にパリ・コレクションが閉幕しても、まだパリは「セリーヌ(CELINE)」の話題で持ちきりだ。今季は発表の場をミラノからパリへと移した「グッチ(GUCCI)」や、これまでになくリアルクローズを展開した「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」、新しい最高経営責任者(CEO)とアーティスティック・ディレクターによって若々しくよみがえった「クレージュ(COURREGES)」など興味を引くトピックスは豊富だが、それら全てをエディ・スリマン(Hedi Slimane)による「セリーヌ」デビューコレクションの話題が凌駕する。

 ショー後、私の周りのフランス人女性らは「エディに悪夢を見せられた」「話題性重視の利己主義」「創業者への冒瀆」と、よくそんな言葉が思いつくなと感心してしまうほど痛烈に批判していた。「エディはケリング(KERING)対LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)のパワーゲームの駒の一つ、2年で使い捨てにされるだろう」という見方に賛同する人も多い。アメリカにブティックを持つバイヤーは「顧客に新生『セリーヌ』の何を提案すればいいっていうの。すでに『サンローラン(SAINT LAUREN)』で必要なアイテムはそろっているというのに」と嘆いていた。プライベートな席で業界人らの批判の声をたくさん聞いていたため、さぞ仏メディアは酷評の嵐だろうと予想していたが、意外とそうでもなかった。

 コレクション発表前に唯一エディがインタビューに応じた仏新聞「ル・フィガロ(Le Figaro)」は「彼が手掛けた『ディオール オム(DIOR HOMME)』や『サンローラン』で見覚えのあるルックばかりが続く。“新しいチャプター”というよりも違うブランドのようで、一体どこのブランドのショーを見ているのか分からない」と批判しながらも「他の多くのディレクターが巧妙な戦略を練って、デビューコレクションではリスク回避のために前任者の技法を取り入れながら、シーズンごとに自分のテイストを織り交ぜていくが、エディは違った。自身の確固たるスタイルを崩さず、ジェネレーションZのパリジェンヌに高らかにミニスカートを捧げた」と、エディが自身のスタイルを貫いたことに称賛した。仏「マダム・フィガロ(Madame Figaro)」は「純度の高いミニマリズムが、クチュール級の仕立ての良さを際立たせている。両親のクチュールのワードローブから自由気ままに服を拝借し、夜の街へと繰り出す若者なのだ。ドレスアップを楽しんでもメイクアップは最小限、まさにパリジェンヌ」と、エディがテーマに掲げたジェネレーションZのパリジェンヌを表現している点を評価し「周囲は過剰反応し過ぎだ。新生『セリーヌ』は始まったばかり」とつづった。
 

 特に仏雑誌「スレート(Slate)」に掲載されたアンティゴーン・シリング(Antigone Schilling)の見解は興味深かった。「革命は過去にもしばしば起こった。ジョン・ガリアーノ(John Galliano)は『ディオール(DIOR)』のハウス内を激しく揺るがしたが、彼のパーソナルなテイストが徐々にリンクして素晴らしいコレクションを展開した。『イヴ・サンローラン』の復活に貢献したトム・フォード(Tom Ford)でさえ当初は、(それ以前に指揮をとっていた)『 グッチ』の名残が強過ぎると非難されたのだから。今、新生『セリーヌ』に欠けているのは新しい物語であり、デジャブの感覚ではない。エディで『セリーヌ』を育てるなら、旧『セリーヌ』のファンはどこに行くのか。モード界のチェス盤が新たな動きを見せそうだ」。