ファッション

TSI傘下の「ハフ」が初のウィメンズコレクション 東京の街から着想

 米サンフランシスコ発のスケートブランド「ハフ(HUF)」が、ウィメンズのカプセルコレクション“ドローレス・コレクション(DOLORES COLLECTION)”を9月14日に発売する。“ドローレス”は、ブランドが初出店したサンフランシスコのドローレス・パークにちなんでいる。

 アイテムは東京の街から着想したメンズの2018年フォールコレクションとリンクさせ、サイズ感をウィメンズ仕様にアレンジした全15型。価格帯はデニムジャケット2万4800円、アノラック2万2800円、フーディー1万800円〜、トップス7800円〜、Tシャツ5800円、ベルト4800円など。日本では東京の渋谷と原宿、大阪、名古屋、仙台の直営店の他、公式オンラインストアと「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」で販売する。

 ブランド創設者のキース・ハフナゲル(Keith Hufnagel)は、「スケートやストリートウエアのムーブメントが女性の間でも盛り上がってきている今、より総体的で革新的なコレクションを多様性あふれるコミュニティーに発信していくことが、進化を続ける『ハフ』の次の一歩としてごく自然な流れだ」と期待を寄せる。

 「ハフ」は2002年に創業し、現在米国と欧州を中心に30カ国で販売している。17年12月にはTSIホールディングスの傘下に入り、18年8月にボルコム ジャパン(VOLCOM JAPAN)元代表取締役のエディ・光広・三好(Eddie Mitsuhiro Miyoshi)を最高経営責任者(CEO)に任命した。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら