ファッション

「H&M」の安室コラボ第2弾は全国で1万6000人が行列

 「H&M」は、安室奈美恵がキャンペーンアンバサダーを務める「ナミエアムロ x H&M(Namie Amuro x H&M)」コレクションの第2弾となる秋物商品を21日に発売した。渋谷店は早朝5時前に並んだという客を先頭に、開店時には約600人が行列。日本国内の82店を合計すると、1万6000人以上が並んだという。日本発のローカルキャンペーンだが、アジア圏の約600店で販売する。

 人気商品は、SNSを中心に話題となっている“マイ・ヒーロー”と刻印されたネックレス(1299円、税込)や、キャンペーンビジュアルで打ち出したセーター(2499円、同)、トレンチコート(7499円、同)など。「日本のお客さまに愛されている安室さんと組み、秋の立ち上がりに合わせて新商品を楽しんでもらう機会を作ることができた。キャンペーン第1弾と同様に手応えを感じているが、どれだけ売れるかという短期的な考え方ではなく、安室さんと組むことで日本のお客さまとより近しくなることができた点が重要だ」と、ルーカス・セイファート(Lucas Seifert)H&Mジャパン社長は強調する。

 第1弾は4月下旬からの大型連休に合わせて行ったが、9月に迫る安室の引退を控え、第2弾はより熱気が増している印象だ。店頭には、親子2代の安室ファンや、福岡から上京したという男性ファン、「10代の頃はアムラーだった」というアラフォー女性ファンなど、老若男女幅広い層が集まった。渋谷109には安室のライブDVDの広告が貼り出され、渋谷ヒカリエでは展覧会も開かれるなど、渋谷の街全体としても盛り上げムードが強まっている。

 第1弾は国内と香港、マカオ、台湾の計4市場120店で販売した。第2弾は中国本土、韓国も加わり約600店で扱い、日本発のキャンペーンとしては最大規模となる。「グローバルブランドとして全世界統一のキャンペーン・MDと、ローカライズとのバランスを今後も探っていく」とセイファート社長。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。