ファッション

「ブルックス ブラザーズ」のクレイジーパターンシャツ ECでカスタマイズサービス販売開始

 「ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)」は、一般にクレイジーパターンシャツと呼ばれる“ファンシャツ(Fun Shirt)”のオンラインでのカスタマイズサービスを開始した。創業200周年を記念して4月から「ブルックス ブラザーズ」全店で行っているが、自宅でも膨大な選択肢の中から自分好みの一着を作れるサービスを提供する。

 基本の型はメンズ3型、ウィメンズ1型(各2万6000円)、ボーイズ1型(2万2000円)で、どの型も長袖か半袖を選ぶことができる。生地はスーピマコットンのオックスフォード地で、無地はホワイト、ブルー、ライトブルー、ブライトブルー、ピンク、グリーン、コーラル、パープルの8色、ストライプは無地のレパートリーからホワイトを除いた7色、計15色を用意し、最大5色まで使うことができる。襟、ヨーク、右前身頃、左前身頃、後ろ身頃、両袖、両カフに加え、ポケットの有無を含めた全10カ所をカスタマイズできる。また同ブランドのアイコンであるリボンで吊るされた子羊のロゴ“ゴールデンフリース”とネームの刺しゅうも入れることができ、それぞれ26色から選ぶことができる。オーダーされたシャツは米ノースカロライナ州ガーランドの自社工場で仕立てられ、納期は6週間後を予定する。

 “ファンシャツ”は、1970年代に当時の副社長が工場を視察した際、工場の新入社員が練習用として切れ端を縫い合わせたシャツを見て「これは楽しいシャツだ(These are some fun shirts)」と言ったことが由来とされる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら