ファッション

創業200年で初 「ブルックス ブラザーズ」がメンズのランウエイ

 来年創業200周年を迎える「ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)」は同年1月10日、イタリア・フィレンツェで開かれる世界最大級のメンズ合同展示会ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMAGINE UOMO)でメゾン初となるメンズのランウエイショーを開催する。

 2018-19年秋冬コレクションを発表し、会場のピッティ宮殿には伝説的アーカイブも展示。11〜14日には一般開放する予定だ。

 ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)のクラウディオ・デル・ヴェッキオ(Claudio Del Vecchio)会長兼最高経営責任者は、「私たちの200周年は、ファッション業界に取っても重要で歴史的。『伝統と革新』に没頭した200年間を誇りに思い、お祝いしたい」と話し、来年はランウエイショーを皮切りに世界中でさまざまなイベントを企画していると続ける。

 「ブルックス ブラザーズ」は1818年にニューヨークで創業。アメリカ初の既製服を提供し、96年にはボタンダウンシャツを生み出した。マドラスチェックやシアサッカーをスーツに取り入れたアメリカンフォーマルの祖で、アメリカの歴代大統領45人のうち40人が着用してきたことでも知られている。

 現在アメリカ国内には280店舗以上、世界45以上の国と地域には700以上の拠点を構えている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら