ニュース

ブルックス ブラザーズが「アレクシス・ビタール」を買収

14523223_1707871396197802_8630650312411471784_n

 ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)はニューヨークのジュエリーブランド「アレクシス・ビタール(Alexis Bittar)」を買収した。ブルックス ブラザーズの子会社、キャロリー(CAROLEE)を通して、アレクシス・ビタールおよび2012年に同ブランドの株式50%を取得したTSGパートナーズ(TSG PARTNERS)から買収した。取引額は明かされていない。「アレクシス・ビタール」を「ブルックス ブラザーズ」店舗で販売する予定は今のところないという。

 01年にブルックス ブラザーズが買収したキャロリーは、「ローレン バイ ラルフ ローレン(LAUREN BY RALPH LAUREN)」「ABS バイ アレン・シュワルツ(ABS ALLEN SCHWARTZ)」「トリーナ ターク(TRINA TURK)」「ブルックス ブラザーズ」のライセンスジュエリーを製作している。「アレクシス ビタール」の体制に影響はないが、ノウハウの共有や物流はキャロリーとの相乗効果を図る。

 ブルックス ブラザーズは近年ウィメンズに力を入れている。同社の年間売上高の約2割を占めている。14年にはザック・ポーゼン(Zac Posen)をウィメンズのアパレルおよびアクセサリーのクリエイティブ・ディレクターに指名した。

 アレクシス・ビタールは1990年にファーストコレクションをローンチし、92年にバーグドルフ・グッドマンが取り扱いを始めた。2010年にはアメリカファッション協議会(CFDA)のアクセサリー・デザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

JEAN E. PALMIERI著

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら