ファッション

“ボディーをメイクする”「マルコ」のCMに三浦翔平が登場

 補正下着「マルコ(MARUKO)」の新CM発表会が8月1日、東京・表参道ヒルズで行われた。CMでは三浦翔平と同ブランドのイメージキャラクターを務めるモデルの石黒エレナが共演。三浦の「メイクはするのに、ボディーメイクしないの?」という言葉に石黒が「マルコ」で変身するという内容だ。三浦が石黒をお姫さまだっこし、2人でダンスするというエンディングになっている。発表会では出演者2人のトークショーが行われ、三浦は「女性の下着のCMになぜ僕が選ばれたのかと思ったが、撮影は楽しくスムーズだった」とコメント。石黒は、「思わず笑える内容。(女性には)お姫さま気分で見てほしい」と話した。

 また、店舗スタッフの「マルコ」使用前、使用後の写真も紹介され、その補正力をアピール。三浦は、「これからはボディーをメイクする時代。『マルコ』を試して効果を実感してほしい」と語った。

 「マルコ」は1978年創業の補正下着ブランドで、RIZAPグループの傘下に入っている。現在国内に209店舗を展開しており、ボディーメイクのサポートをするボディースタイリスト数は1290人。補正下着に対するネガティブなイメージを払拭し、浸透させたいという目的で新CMを制作した。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら