ファッション

三代目JSB登坂広臣の「クレール ド ルナ」が2日間限定ストアをオープン

 三代目J Soul Brothersの登坂広臣(HIROOMI TOSAKA)が監修するウエアコレクション、「クレール ド ルナ(CLAIR DE LUNE)」は8月4~5日に東京・六本木のメルセデス ミー トウキョウ アップステアーズ(Mercedes me Tokyo UPSTAIRS)でポップアップストアを開設する。「クレール ド ルナ」は月の光を意味し、登坂のソロ活動と連動したプロジェクトとして昨年スタート。今回は、8月8日にリリースするアルバム「FULL MOON」に合わせ、限定コレクションとコラボレーションアイテムを発売する。

 会場は宇宙をイメージした特別な空間を表現する。エキシビション形式となり、「セルフメイド バイ ジャンフランコ ヴィレガス(SELF MADE BY GIANFRANCO VILLEGAS)」のジャンフランコ・ヴィレガス=デザイナーがアートパフォーマンスで製作した1点物の展示や、特設ブースでロゴを自由に組み合わせてTシャツにプリントできるワークショップ(1万5000円)を開催する。会場限定アイテムとして、Tシャツ(8800円)やフーディ(2万2000円)を始め、サンダル(7000円)、キャップ(8000円)、ニットキャップ(7000円)、ライター(500円)、クリアバッグ(4500円)、水鉄砲(3000円)、ボクサーショーツ(4500円)、ビッグタオル(7000円)、ティッシュボックス(4500円)といった雑貨をそろえる他、「バンソン(VANSON)」とコラボした50着限定のレザージャケット(17万円)もラインアップする。

 なお、ウェブ限定で11月中旬にファージャケット(5万5000円)を、12月下旬にサングラス(3万7000円)を発売する。8月4~18日に「クレール ド ルナ」のウェブサイトから予約すれば購入可能。同サイトでは8日から、ポップアップストアに展示した「セルフメイド バイ ジャンフランコ ヴィレガス」の1点物も販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら