ファッション

「ヴァン クリーフ&アーペル」の“アルハンブラ”誕生50年を祝したイベントが開催中 レセプションにはエリーローズらが来場 

 「ヴァン クリーフ&アーペル(VAN CLEEF & ARPELS)」は、アイコンジュエリーである“アルハンブラ(ALHAMBRA)”コレクションの発表から50年を迎えたことを祝したスペシャルイベントを原宿のCASE Wで開催、7月6日にはレセプションが催した。イベントは7月14〜16、21〜22日にも開催する。

 会場の1階には“タイムレス”“ラック(幸運)”“クラフツマンシップ”“コンテンポラリー”をテーマにした4つのブースを設けた。いずれも、アーティストのビュルキュ&ジョフレ(Burcu & Geoffrey)が制作したオリジナルムービーに沿った空間となっている。“タイムレス”では“アルハンブラ”が登場した1968年〜80年代初頭のヘリテージコレクションのジュエリーを展示し、“アルハンブラ”が持つ不変の美しさやデザイン性の高さを歴史の裏付けと共に振り返った。“ラック”ではインスピレーション源であるクローバーと自然をイメージさせる空間で、クローバーに縁取られた窓からはオリジナルムービーも放映する。“クラフツマンシップ”では、貝殻の中にアイコンのモチーフに削り出した貴石を展示することで最高峰のアトリエ職人のクラフツマンシップを表現している。“コンテンポラリー”では、新作の“アルハンブラ”などを展示する空間を設けている。

 2階には、60年代のキャンペーンビジュアルと共に、シンガーでファッションアイコンのフランソワーズ・アルディ(Francoise Hardy)やモナコ公妃だったグレース・ケリー(Grace Kelly)ら「ヴァン クリーフ&アーペル」を愛したミューズらの写真も展示。また、動画を撮影できるフォトブースも設置しイベントを盛り上げる。

 レセプションでは、EITAのDJプレーが洗練された空間を作り、モデルのエリーローズ(Elli Rose)や金メダリスト岩崎恭子らが“アルハンブラ”の幸運というキーワードのもと、自分のラッキーアイテムを身に着けて来場した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら