ビジネス

TOKYO BASEの株価がストップ安 3〜5月期で売上高頭打ち、28%減益

 TOKYO BASEの2018年3〜5月期は、売上高が前年同期比0.6%増の29億円、本業のもうけを示す営業利益が同28.2%減の3億2500万円だった。これまで2ケタの高い増収を続けてきた同社だが、出店増加にもかかわらず、売上高が横ばいだった。主力業態の「ステュディオス(STUDIOUS)」の既存店売上高(リアル店舗)が同12.1%減だったことが響いた。17-18年秋冬物の商品政策の失敗を受けて、18年春の仕入れ量を抑制していた。また、ECモール向けに企画していた廉価版の販売を止めたことも要因になった。販管費の増加を吸収しきれず、営業利益は大幅な減益になった。

 13日11時45分にこの業績が発表されると、東証1部で始値853円だったTOKYO BASEの株価はストップ安の701円になった。

 同社は19年2月期の業績予想を期初の発表通り据え置いた。売上高で前期比20.2%増の153億円、営業利益で同28.9%増の20億円、純利益で同23.2%増の13億円を見込んでいる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら