ファッション

「リムアーク」が銀座三越に直営店舗をオープン 同じフロアでポップアップも

 バロックジャパンリミテッド(以下、バロック)の「リムアーク(RIM.ARK)」は8月1日、銀座三越の3階に5店舗目となる直営店をオープンする。また7日まで、同じフロアにあるGINZAスペースにポップアップストアを開設する。初日は今季コラボレーションをしているイラストレーターSAYORI WADAを招きライブペインティングも開催する。

 店舗は、洋服を美しく見せるために什器にもこだわり、植物など自然のものと人工的な素材を使用。相反するものの組み合わせによる美しさを表現し、繊細ながらも存在感のあるブランドのイメージを打ち出す空間に仕上げる。

 オープンを記念して、銀座三越店限定アイテムを数量限定で発売。ラインアップは、日本製のジャカード生地を使用し国内の縫製工場で作ったガウンやワンピース、パンツの3アイテムで、こだわりの素材を際立たせるシンプルなデザインが特徴だ。また、4万5000円(税込)以上の購入でオリジナルクリアバッグをプレゼントする。

 同ブランドは、バロックの販売員を対象とした社内の「スター発掘コンテスト」初代グランプリの中村真里ディレクターが、2016年の春夏シーズンからスタート。上質感と知性を感じさせるシンプルなデザインで、20~40代の女性の人気を得ている。

■RIM.ARK ポップアップストア
日程:8月1~7日
時間:10:30~20:00
場所: GINZAスペース
住所:東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越3階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら