ビジネス

資生堂美容部員の新制服は19アイテム192通り 毎日コーディネートが可能に

 資生堂は7月1日から、店頭で接客を行う国内の美容部員(ビューティコンサルタント以下、BC)の制服をリニューアルする。美の基準が多様化し、“自分らしさ“が重要視される現代の価値観に合わせて複数のアイテムを用意して、BC自身が日々コーディネートできるようにした。

 新たな制服は資生堂のシンボルカラーであるレッドをアクセントに、ジャケット3種、トップス8種、ボトムス6種、コサージュ・ベルト各1種の全19アイテムを用意。192通りのコーディネートが可能になる。デザインやアイテムは実際に着用するBCの声を生かして制作。トレンドやファッション性をふまえて複数の候補を出し、最終的にはBCたちの投票により決定した。

 新制服は、百貨店勤務のBCは対象外となる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら