ファッション

ゾウバッグを売ってゾウを守れ! 「ロエベ」がケニアの女性と特別なゾウを製作

 「ロエベ(LOEWE)」は7月16日、人気の“エレファント”バッグのリミテッドエディション“タン エレファント ミニバッグ”を発売する。価格は19万8720円(税込み)。「ロエベ」のウェブサイトとニューヨークのバーグドルフ・グッドマン(BERGDORF GOODMAN)で販売する。このバッグは、ゾウの保護を目的としたイニシアチブ「エレファント・クライシス・ファンド(ELEPHANT CRISIS FUND以下、ECF)」をサポートするために製作し、収益は全額ECFに寄付する。

 ゾウを飾った印象的なビーズ細工はケニア北部に住むサンブル族の女性たちが作ったものだ。「ロエベ」は、サンブル国立保護区にある家族経営の牧場兼野生動物保護区「オル・マロ(Ol Malo)」の「サンブル・ワークショップ(SAMBURU WORKSHOP)」で働く女性たちとのコラボレーションを実現するため、担当者がケニアに足を運び、精巧なハンドクラフトのビーズ細工を依頼した。サンブル族の人々は、ゾウと特別に深い関係を持つと言われており、また、ケニアを拠点とするゾウの研究と保護に携わる組織「セーブ・ジ・エレファント(SAVE THE ELEPHANT)」と緊密に協力し合っている。

 「サンブル・ワークショップ」は、サンブル族の土地や野生動物の保護と人々の生活向上を支援するために、非営利組織「サンブル・トラスト」が設立。ビーズ細工プロジェクトは、15年前にケニアを襲った深刻な干ばつの際に誕生し、男性たちが家畜の放牧のため家を空けている間も女性や子どもたちが自活できるようにしている。加えて、女性たちに仕事を提供することで、家族やコミュニティーを支えることができるようにもしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら