ファッション

都会派女性のファン拡大中のバッグブランド「ステート オブ エスケープ」とは?

 2013年に誕生したオーストラリア発「ステート オブ エスケープ(STATE OF ESCAPE)」のバッグはネオプレン素材が特徴。アクティブな女性が必要なものを全て詰め込むことができるほど、バツグンの収納力がある一方で、超軽量だ。さらには洗濯機で丸洗いできるから、ホワイトをはじめとする薄いカラーを選ぶ女性が多いのにも頷ける。最近、このバッグを持っている男女を都内でたびたび見かけるようになった。

 そんな「ステート オブ エスケープ」は、デザインを担当するブリジット・マガウアン(Brigitte MacGowan)とビジネスを担当するデズリー・メイドメント(Desley Maidment)の2人が立ち上げたブランドだ。現在はオーストラリア以外にアメリカ、アジア、ヨーロッパでも展開しており、創業者2人を含めた7人の小さなチームでブランドをここまで大きくした。「よく姉妹かと聞かれることがある」と笑う2人は、インタビューを始める時も「Sure(もちろん)!」と息ピッタリだった。それぞれが異なる業界で働くワーキングマザーだった2人がブランドを立ち上げた経緯とは?

WWD:2人の出会いは?

ブリジット・マガウアン(以下、ブリジット):同じ年回りの娘が2人(7歳と10歳)いて、共通の友人を通して知り合った。家族ぐるみで仲がいいの。

デズリー・メイドメント(以下、デズリー):家もとても近いのよ。

WWD:ブランドを立ち上げたきっかけは?

ブリジット:2人ともビジネスを立ち上げることやデザインの仕事に興味があったから、「どうやって2人でビジネスができるか」といった会話をよくしていたわ。そこから実際に商品開発に着手したのが6年前。1年間の開発期間を経て、13年にブランドを立ち上げたの。友人のカメラマンに試作品を渡したら、幸運なことに、彼女がオーストラリアでもトップクラスのとあるファッションデザイナーの家で撮影をした時に、そのデザイナーの目に留まって、それがブランドの設立につながったの。

WWD:なぜバッグを選んだ?

ブリジット:もともとは別のビジネスを考えていたの。その過程でネオプレン素材に出合って、素材の手触りだったり、“すごく軽い”という点をとても気に入って、この素材で何が作れるかを考えたときにバッグに行き着いた。

WWD:バッグの前に考えていた「別のビジネス」とは?

ブリジット:シューズだった。すぐボツになったけど(笑)。でも、「ネオプレン素材のシューズ」というひらめきがなければバッグに行き着かなかったから、結果的にはよかったと思っている。

WWD:ネオプレン素材を選んだ理由は?

ブリジット:とても軽くて柔らかいのに、きちんとバッグの形を保つ。これを両立できる素材はなかなかないの。さらに洗濯機で洗えるしね。

WWD:素材に開けた穴と穴の間をカットすることにもこだわったとか?

ブリジット:そう、生地をカットした断面がギザギザになってしまうのを避けるために穴と穴の間を切ることにとにかくこだわったの!だから今でも生地は職人が手作業で裁断しているわ。素材がとても柔らかいから、機械で切ることはとても難しい。だから裁断も、組み立ても全て手作業。レザーのように昔からある素材ではないから、作業してくれる会社を探すのも大変だったわ。

最新号紹介

WWD JAPAN

「セレクトショップ特集2020」今、ファッションビジネスに必要なことは?目から鱗のユニークなアイデアが満載

「WWDジャパン」11月23日号は、約1年ぶりとなる「セレクトショップ」特集です。今年は“ウィズコロナ時代にセレクトショップに必要なこと”をテーマに、ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)、ベイクルーズ(BAYCREW’S)、ビームス(BEAMS)、アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)、デイトナ・インターナショナル(DAYTONA INTERNATIONAL)、バーニーズ …

詳細/購入はこちら