ファッション

バッグが人気の「ハーシェル サプライ カンパニー」が渋谷に旗艦店を出店

 2009年にカナダのバンクーバーで創業されたカジュアルブランド「ハーシェル サプライ カンパニー(HERSCHEL SUPPLY CO.以下、ハーシェル)」は5月25日、東京・渋谷に旗艦店(東京都渋谷区神宮前6-18-11)をオープンした。「ハーシェル」は09年に日本に上陸して以降、バッグブランドとして、バックパックやトートバッグなどを中心に販売。5000~1万円台強という手ごろな価格帯やメンズからウィメンズ、キッズまで幅広いラインアップで支持を得てきた。

 18-19年秋冬から「ステューシー(STUSSY)」などをライセンス展開するジャックと日本における輸入代理店契約を締結。ジャックが輸入元として店舗の運営などを行い、すでに3月21日、福岡パルコに期間限定のインショップを開いた。

 今回オープンする渋谷店は「マウンテンハードウェア(MOUNTAIN HARDWEAR)」の跡地で、総面積約130平方メートルの2層構造。ジェイミー・コーマック(Jamie Cormack)=ハーシェル サプライ カンパニー共同創立者は「これまでは卸がメーンだったが、直営店を出店することで世界共通のブランドイメージを確立させたい。渋谷店は最高のロケーション。世界の『ハーシェル』の店舗同様、ウッドとコンクリートを使ってクリーンなイメージを打ち出す」と話す。メーンとなるバックパックやトートバッグの他、キャリーケースやアパレル、ヘッドウエアなど幅広いアイテムを扱う。

 秋には大阪にも路面店をオープンし、5年後には全国に25~30店舗の出店を予定する。