ファッション

「ハーシェル サプライ」と「ダブルタップス」がコラボ ミリタリーデザインをベースにした全3型

 カナダ発グローバルライフスタイルブランドの「ハーシェル サプライ(HERSCHEL SUPPLY)」は11月2日、「ダブルタップス(WTAPS)」とコラボしたバッグを発売した。ミリタリーデザインをベースに、耐久性の高いポリエステルを採用した“915D CORDURA”素材を用いた全3型を用意し、オリーブドラブと迷彩(WOODLAND)の2色をそろえた。

 アイテムは、複数のジッパー付きメッシュポケットが施されたA4サイズのショルダーバッグ“RP”(2色、各1万2000円)、キャリーバッグのハンドルに装着可能なループを背面に施したパックパック“VESSEL”(2色、各2万円)、機内持ち込み可能サイズで多方向への移動がスムーズな4輪ダブルキャスターのキャリーバッグ“BATTERY”(2色、各3万7000円)となる。「ハーシェル サプライ」渋谷店と大阪店(オリーブドラブのみ)、「ダブルタップス」の直営店「ジーアイピー・ストア(GIP-STORE)」で取り扱う。

 「ハーシェル サプライ」は2009年にカナダ・バンクーバーで誕生し、世界94カ国で展開するグローバルライフスタイルブランドだ。ブランド誕生以降、バックパックやトラベルグッズ、アパレル、財布など幅広いジャンルで製品をラインアップしている。18年5月に日本初の路面店を東京・渋谷にオープンし、同年12月には大阪・心斎橋に2号店をオープンした。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら