ニュース

「ハーシェル サプライ カンパニー」が初の直営店を北米にオープン

 カナダ発のラゲージ、アクセサリー、アパレルブランド「ハーシェル サプライ カンパニー(HERSCHEL SUPPLY CO.以下、ハーシェル)」は6月16日、カナダ・バンクーバーのギャスタウンに初の直営店をオープンした。店舗の広さは約465平方メートル。「ハーシェル」は現在パートナーとの提携で世界に45店舗を構えている。日本では18-19年秋冬から「ステューシー(STUSSY)」などをライセンス展開するジャックと日本における輸入代理店契約を締結し、東京・渋谷に5月25日に旗艦店をオープンしている。

 新店舗は、LEDを設備したインフィニティルームや、バンクーバーのアーティストの作品を展示するスカルプチャーガーデン、バンクーバーの山と街並みを眺望できるスライド式のガラスドアなど、インスタ・フレンドリーな空間に仕上げた。2009年に兄のジェイミー・コーマック(Jamie Cormack)とともに同ブランドをスタートしたリンドン・コーマック(Lyndon Cormack)は、「実店舗は消費者にわれわれが何を気にかけているのかを訴えることができる場だと考えている。写真をどんどん撮って、シェアしてブランドと関わってほしい。ECサイトで買うために実店舗に足を運ぶという考えは疑問に思っている。実店舗はブランドの延長線上にあり、ブランドのストーリーを伝え、商品を買うのに最適な場所でなくてはならない」と語る。

 リンドンはこうした考えのもと、ハーシェル キャピタル コープ(HERSCHEL CAPITAL CORP.)を介して米シアトルのセレクトショップ、トトカエロ(TOTOKAELO)を16年に買収し、また、渋谷と熊本にも出店している米発セレクトショップ、ニード サプライ(NEED SUPPLY CO.)の少数株式も保有している。