ファッション

「ディセンダント」が出版レーベルの立ち上げ 第1弾は写真家・平野太呂の写真集

 「ダブルタップス(WTAPS)」や「フォーティーパーセント アゲインストライツ(FORTY PERCENT AGAINST RIGHTS)」のデザイナー、西山徹と妻の西山美希子が手掛ける「ディセンダント(DESCENDANT)」が出版レーベル「サイン(sign)」を立ち上げる。

 その刊行物第1弾は、西山とも旧知の仲であり「ディセンダント」のルックブックでもフォトグラファーを担当する写真家・平野太呂の写真集「I HAVEN'T SEEN HIM」(4000円)。内容は、1987年に発表されたスケートビデオ「The Search for Animal Chin」に登場するハワイの有名なスケートスポット“Wallows”にフォーカスした現地撮り下ろしの写真集。またこの写真集には、スケートビデオの当時の出演者で伝説のスケートチームBONES BRIGADEのメンバーからのコメントが掲載される。

 なお、出版に合わせて平野太呂の個展「I HAVEN'T SEEN HIM」が写真集発売日の5月24日から青山 BOOKMARCで開催。オープニング初日19時からのレセプションパーティーでは、平野本人が会場に立ちサイン会を行うほか、来場者に向け「ディセンダント」プロデュースによる限定グッズの販売や「サイン」のノベルティーを限定配布する。

 「ディセンダント」は2015年にスタート。メンズを主軸にウィメンズやキッズも展開するなど、家族で着られるアイテムで人気を博している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら