ファッション

「スチュアート ワイツマン」クリエイティブ・ディレクターが1年で退社 「会社の規範を満たさない態度」が原因

 「コーチ(COACH)」や「ケイト・スペード ニューヨーク(KATE SPADE NEW YORK)」を擁するタペストリー(TAPESTRY)傘下のシューズブランド、「スチュアート ワイツマン(STUART WEITZMAN)」のクリエイティブ・ディレクター、ジョバンニ・モレッリ(Giovanni Morelli)が退社した。2月にデビューコレクションを発表したばかりで、わずか1年のスピード退任だった。

 モレッリの退社についてタペストリーのビクター・ルイス(Victor Luis)最高経営責任者(CEO)は、「当社は個々を尊重する会社だ。ジョバンニの才能は尊敬する一方で、彼には当社の規範を満たさない態度が見られた」と退社理由を説明した。今後は、エラルド・ポレット(Eraldo Poletto)スチュアート ワイツマンCEO兼ブランドプレジデントの下でデザインチームが手掛けるという。

 タペストリー(当時、コーチ・インク)は2015年に5億7400万ドル(約631億円)でシカモア・パートナーズ(SYCAMORE PARTNERS)から「スチュアート ワイツマン」を買い取った。

 モレッリはこれまで「クロエ(CHLOE)」「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」「ロエベ(LOEWE)」などでアクセサリー・デザイナーを務めた人物で、創業者のスチュアート・ワイツマン本人の後任としてクリエイティブのトップを務めていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。