ファッション

41年目のバッグ&シューズ「ヒロフ」 “変わらない”を変えない

 バッグ&シューズブランドの「ヒロフ(HIROFU)」は1977年、紳士靴からスタートし40年が過ぎた。現在はバッグとシューズが9:1の割合で、女性客が9割を占める。母子そろっての来店や、祖母から受け継いだバッグを愛用する若年層のファンも多い。リピーター率が高い分、客の目も肥えており、質を高める努力は欠かせない。

 コンセプトは“シンプル”“ミニマル”“コンテンポラリー”だ。主な販路は全国の百貨店で、通年でレザーアイテムのみを販売する。革の供給元はヨーロッパ。全てのバッグを日本で企画し、イタリアで生産する。中心価格帯は6万5000~7万5000円だ。

 販売においては対面主義を徹底し、ECやSNSは使わない。その理由について広報担当者は「実際に触れ、匂いを嗅ぎ、自身の目でジャッジし納得していただきたいから」と答えた。そしてせっかく手に入れたなら「長く使っていただきたい」と、作り手の自己満足なデザインではない “シンプル”“ミニマル”“コンテンポラリー”を追求する。

 長く使うためにはメンテナンスが必要だ。女性客は男性客に比べて革の手入れに不慣れなイメージがあるが、「販売員はバッグやシューズのケアについて教育を受けており、それをお客さまに伝えている。われわれにはモノを生み出した責任があり、最大限フォローしていきたい」とコメントした。「ヒロフ」では部材もほぼオリジナルで、修理依頼があった際に可能な限り純正パーツで対応したいとの思いから、古いものでは30年間保管している。

 過去を振り返り「ようやく土台ができた。ここから木がどう育っていくのか楽しみだ」と未来を見る。そして「ある意味、鈍くさいのだと思う(笑)。ただし40年間コツコツやってきた結果が、今の『ヒロフ』を形成している」とした。継続がブランドの価値を作り、顧客の安心と信頼につながっている。

 40周年を記念して、アニバーサリーアイテムも発売した。例えば、鹿革を上下に1枚ずつ、2枚で本体を構成した巾着タイプのバッグは、縦にはぎがなく美しいシェイプを描く。「歴史にあぐらをかかずにブランドの幅、可能性を広げていきたい」という。

 コンセプトがぶれない「ヒロフ」では、数十年前に買ったアイテムと新作がコーディネートできる。「きちんとしたモノを作らなくてはいけない」と襟を正し、今後については「よりよいモノ、より楽しいモノを作っていきたい」と結んだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら