ビジネス

東レの繊維事業は2期ぶりの増収増益

 東レの2018年3月期の繊維事業は、売上高が前期比6.7%増の9136億円、営業利益が同8.5%増の724億円と2期ぶりに増収増益になった。「ユニクロ(UNIQLO)」向けを中心にした原料からテキスタイル、製品一貫型ビジネスが拡大した他、エアバッグを中心にした自動車用途向けも好調だった。

 一方で世界最大規模の年間約3億mの生産能力を持つ、綿ポリ混織物事業では苦戦が続いており、事業の再編を続けている。中国では1月30日付で東レが60%を出資していた子会社を、現地の繊維大手の即発集団に経営権を譲渡。18年3月期には36億円の損失を計上した。「インドネシアとマレーシアの子会社も苦戦を続けており、構造改革を推進中」(阿部晃一・副社長)だという。

 今期は売上高9650億円、営業利益790億円と2期連続の増収増益を見込む。昨年6月に「ヒートテック」の生産などを委託する香港の大手カットソー企業パシフィック・テキスタイルズ(Pacific Textiles Holdings)に560億円を投じ28%の株式を取得。今年1月には16年に約3億ユーロ(約390億円)を投じ倍増させることを決めたイタリアに加え、日本でも高級人工スエードの生産増強を決めている。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら