ビジネス

エディの下に「サンローラン」時代のチームが再集結

 エディ・スリマン(Hedi Slimane)が2月に「セリーヌ(CELINE)」のアーティスティック、クリエイティブ、イメージ・ディレクターに就任して以来、「サンローラン(SAINT LAURENT)」時代のチームがエディの下に再び集結している。

 2012年から15年まで「サンローラン」のニューヨークオフィスに所属し、直近までロンドンのオークションハウス、クリスティーズ(CHRISTIE’S)のコミュニケーション・マネジャーを務めたリリアン・バード(Lilian Bard)は、「セリーヌ」のニューヨーク担当のプレス・マネジャーに就任した。

 さらに、ロサンゼルスのセレクトショップ、マックスフィールド(MAXFIELD)の前チーフ・ブランディング・オフィサーだったピーター・ウーツ(Peter Utz)は、クチュールおよびイベント担当のディレクターに就任した。ウーツ=ディレクターは「サンローラン」のロサンゼルスチームに所属していた人物で、マックスフィールドに「フィア オブ ゴッド(FEAR OF GOD)」「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」「ヴェトモン(VETEMENTS)」「レディメイド(READYMADE)」などをそろえたことで知られる人物だ。

 エディは「セリーヌ」でウィメンズウエアの他、メンズのウエア、オートクチュール、フレグランスを統括し、ファーストコレクションを9月の2019年春夏パリ・ファッション・ウイークで披露する。また、情報筋によるとロサンゼルスを拠点としてクリエイションに臨み、セリーヌ本社のあるパリとロサンゼルスを頻繁に行き来する予定だという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら