ニュース

「マルジェラ」出身の新鋭ブランドが期間限定店 渋谷のニド・アドゥをジャック

 2018年春夏にデビューした東京のウィメンズブランド「ミスターイット(MISTER IT.)」は4月22日まで、ポップアップストアを東京・渋谷のファイヤー通りにあるセレクトショップ、ニド・アドゥ(n id a deux)」で開催している。

 デザイナーの砂川卓也は、「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」で3年間、ウィメンズとオートクチュールのデザインチームで経験を積んだデザイナー。18年春夏の商品は、彼が「メゾン マルジェラ」の元同僚への感謝をこめて、一人一人の元同僚とのパーソナルな思い出から着想した服がベースになっている。

 今回のポップアップストアでは、ニド・アドゥの店舗の全スペースをジャックする形で、18年春夏のインスタレーションを行っている。コレクションのために撮影したショートフィルムを壁に投影している他、商品の着想源になった人物のイメージに合わせたフラワーアートの展示。フラワーアートには、元同僚にちなんだ5つの物語があり、フラワースタイリストの福千代が手掛けた。

 砂川デザイナーは「“人のために服を作る”というブランドのコンセプトを伝えるための空間を作った」という。例えば、元同僚のマリアンヌをイメージした服は、娘と孫と一緒に過ごすことが好きで、料理を振る舞ったり、公園で過ごしたりしていた彼女のために、エプロンのようなトレンチ風ラップスカートを作った。そのストーリーを福千代が解釈し、食用花のパンジーやスイートピーとローズマリーをのせた皿とともに、野に咲いているようなお花を花瓶に入れて側に飾っている。

 今回の期間限定店で販売中の約30型の商品は全てニド・アドゥが買い付けたアイテム。期間中は展示販売の形式を取り、ラックにならんでいるが既に売却済みの品もある。ニド・アドゥを運営するデューンの高橋達也・社長は「店名の“ニド”はフランス語で“巣”を意味していて、デザイナーの思いを伝え、広めていくための一助を目指すプラットフォームのような店。『ミスターイット』を初めて見た時に『(いいブランドを)久しぶりに見つけた』と確信。お客さまに魅力的なブランドを紹介し、ブランドのファンを増やしていきたい」と思いを語った。

■mister it. POP UP at n id a deux
日程:4月20~22日
時間:12:00~20:00
場所:ニド・アドゥ
住所:東京都渋谷区神南1-3-2