ファッション

「エックスガール」 × クロエ・セヴィニー発売パーティー クロエ本人やemma、浦浜アリサが来場

 「エックスガール(X-GIRL)」は、映画監督としても活躍する女優、クロエ・セヴィニー(Chloe Sevigny)とのコラボレーションアイテムを4月13日に発売した。前日の12日には「エックスガール」原宿店でローンチパーティーが開催され、一足先にコラボ商品が店頭に並んだ。emmaや浦浜アリサ、水原佑果、高橋愛、Unaなどのモデルが来場した他、クロエ本人もゲストとして登場し、来場者と写真を撮るなどしてパーティーを楽しんだ。

 クロエ・セヴィニーは、「エックスガール」をはじめさまざまなブランドのキャンペーンを務めるなど、モデルとして活動するかたわら、ラリー・クラーク(Larry Clark)監督の1995年の映画「KIDS(キッズ)」で女優デビューし、現在では映画監督としても活躍する。

 今回のコラボコレクションでは、1994年の「エックスガール」設立当時のスタイルをインスピレーション源に、クロエが着用していたアイテムのリバイバルや、同じく94年にスタートしたフリーマガジン「ヴァイス・マガジン(VICE magazine)」の復刻版として撮り下ろされた彼女の写真をプリントしたTシャツなどをそろえる。また、このコレクションのモデルもクロエが務めた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら