ファッション

「エックスガール 」が原宿旗艦店をリニューアルオープン

 ビーズインターナショナルが手掛ける「エックスガール(X-GIRL)」は2月10日、キャットストリート沿いにある旗艦店、「エックスガール ストア」 をリニューアルオープンした。内装は、1階をロサンゼルスをイメージさせる開放的なデザインに、地下1階をレンガ調の壁とライトでニューヨークっぽさを演出した空間になっている。店内では、オリジナルラインをはじめ、9日に先行発売した草間彌生とのコラボコレクションや、アーカイブコレクションをリメイクした1点ものなども取り扱う。

 オープン前日にはレセプションパーティーを開催した。会場では、シンガーソングライターの向井太一や、MC MAMIKOとMC RACHELの2人組ラップユニット、Chelmicoらがパフォーマンスを披露。さらに「エックスガール」を設立したバンド、ソニック・ユース(SONIC YOUTH)のキム・ゴードン(Kim Gordon)が1994年にニューヨークで行ったゲリラストリートランウエイショーをオマージュしたショーを行い、98年生まれの弓ライカや99年生まれの玖瑠実、現役中学生のYoshiなど新進気鋭の若手インフルエンサーたちが最新ウエアを見せた。

【関連記事】
■「エクストララージ × 草間彌生 × エックスガール」コラボ発売

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら