ファッション

自分の顔がロゴに!? 「エクストララージ」と「エックスガール」でキャンペーン

 ビーズインターナショナルのストリートウエアブランド「エクストララージ(R)(XLARGE(R))」と「エックスガール(X-GIRL)」は5月31日まで、店頭で自分だけのオリジナルロゴが作れるロゴジェネレーターを導入している。これは、5月31日に発売する両ブランド初のコラボコレクション「エクストララージ エックスガール イズ ユアーズ(XLXG is Yours)」に先駆けたキャンペーン。

 一部の直営店舗に設置されたタブレット端末で自分の顔を撮影すると、「エクストララージ(R)」のアイコン“OG ゴリラ”と「エックスガール」のアイコン「フェイス(FACE)」をミックスしたオリジナルロゴ風に自動変換。タブレット端末のQRコードを読み込むとオリジナルロゴをスマホに転送できる。「エクストララージ(R)」はネイビー、「エックスガール」はレッド、複合店はパープルと店舗によってカラーが異なる。「エクストララージ エックスガール イズ ユアーズ」は、Tシャツ3型を発売する予定で、自分のオリジナルロゴをSNSでシェアすると抽選で非売品カラーのTシャツが当たる。

 実施店舗は以下の通り。複合店は、札幌店、イクスペリア店、立川店、町田店、お台場店、みなとみらい店、梅田店、広島店、鹿児島店、沖縄店。単独店は「エクストララージ」の原宿店、大阪店、福岡店、「エックスガール」のエックスガールストア、原宿店、新宿店、大阪店、名古屋店、静岡店、岡山店。なお、単独店は5月8日から実施する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら