ファッション

ニッセンが本腰、“大きいサイズ”専門通販はなぜ儲かる?

 ニッセンが4月、プラスサイズに特化したECモール「アリノマ(Alinoma)」をローンチした。まずは10Lまでのサイズ、39ブランド・約800型を扱う。今後は参加ブランドを増やしつつ、雑貨やパーティー商材などを拡充していく。業績不振が続く同社は2016年にセブン&アイ・ホールディングスの完全子会社となった後、自社ECや通販カタログでの取り扱い商材が膨大になっていることを問題視。カテゴリーを限って在庫を減らし、得意分野に注力することで、収益率を上げて業績回復を目指す狙いだ。

 同社は00年にプラスサイズ(LL〜10LL)に特化したECサイト「スマイルランド」を「ニッセン」サイト内に設置。自社で生産・販売を行うSPAモデルでプラスサイズ市場を開拓してきた。尼崎と仙台を皮切りに実店舗も11カ所に出店し、在庫一元化によるオムニチャネルにも取り組む。大橋さと美ニッセンサイズ事業本部サイズモール企画チームマネジャーいわく、「プラスサイズ市場は顧客ニーズが命。実際の声を聞くための出店だったが、開店後にレジが2時間待ちになるなど、想像以上のニーズがあることに驚いた。1カ月の売り上げ目標を1週間で達成した」という。試着をしたいという悩みにも、一元化在庫を利用した店頭取り寄せサービスで対応してきた。一方、今回新設した「アリノマ」は、サイト自体を別ドメインで作成、在庫も物流も新規で用意する力の入れようだ。「『アリノマ』は高価格帯に商材を絞ることで、『スマイルランド』との差別化を図る」。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら