ニュース

「エックスガール」がマドンナの娘をモデルに起用

 「エックスガール(X-GIRL)」と「メイドミー(MADE ME)」は、コラボコレクションのルックブックにマドンナ(Madonna)の娘、ローデス・レオン(Lourdes Leon)を起用した。ローデスが単独でキャンペーンモデルを務めるのは初めて。撮影はフォトグラファーのマイヤン・トレダーノ(Mayan Toledano)が手掛けた。

 去年に続き2度目となる同コラボは“エックスガール × メイドミー 1994”をテーマに10型をラインアップ。オリジナルワッペンが施されたフード付きのキルティングジャケットや、フェイスロゴをプリントしたタイトフィットTシャツなど、90年代に「エックスガール」がリリースしたアイテムにインスパイアされたコレクションだ。8月25日から、「エックスガール」の原宿店と大阪店、「エックスガール」を運営するビーズインターナショナルの公式通販サイト「カリフ(calif)」で先行販売する。
 
 「メイドミー」はデザイナーのエリン・マギー(Erin Magee)が2007年に立ち上げたストリートブランド。マギーは現在「シュプリーム(SUPREME)」のプロダクトディレクターを務めている。