ビジネス

ネット完結のクリーニングで1時間単位の集荷を実現、「リネット」がソフトバンクGと提携

 クリーニングサービス「リネット」を運営するホワイトプラスが18日、ソフトバンクグループで配送事業を手掛けるマジカルムーブ(MAGICAL MOVE)と提携し、朝6時から1時間単位での集荷を可能にする配送サービス“プレミアム便”を開始する。共働き世帯の再配達問題を解決すべく、まずは東京23区での導入をスタートし、今後順次拡大を目指す。

 その他、預けた翌日に商品を受け取れる“翌日届け”や最短2日で受け取れる“お急ぎ届け”、コンビニへの持ち込みサービス、宅配ボックスの利用などを組み合わせることで、預け入れ・受け取りのタイミングをユーザーが自由に選べる環境を目指す。

 井下孝之ホワイトプラス社長は、「われわれはネット完結型で実店舗を持たないため、これまで“時間の不自由さからの解放”を実現してきた。しかし、宅配サービスにも利用時間の制限があり、自宅待機する時間も長いと感じてきた。今回の提携でこうした悩みを解決できるはずだ」と意気込む。

 武藤雄太マジカルムーブ社長も、「われわれが提供する配送サービス“スキャッチ”はインターネット時代の新しい配送サービス。ドライバーが持つスマホのGPS機能によって、30分単位で到着時間を知ることができる。AIによって宅配業務を効率化することで、受け取れないという問題を解決したい」と話す。

 「リネット」はインターネット完結型のクリーニングサービスとして2009年にスタートした。ネットで申し込み集荷を待つだけという手軽さが功を奏し、18年4月時点で29万人の会員を抱えるまでに成長した。アパレル企業との提携も多く、これまで伊勢丹やニュウマンなどで購入時にクリーニングチケットを配ることで、“いいものを長く着ること”を提案してきた。

 最近では、ファッション通販サイト「ロコンド(LOCONDO)」を運営するロコンドもマジカルムーブと組んで、詳細な時間指定ができる配送サービス“ファーストクラス便”の提供を開始するなど、詳細な時間指定サービスが再配達をなくす1つの動きとなっているようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。