ファッション

ギンザ シックスが開業1周年で総来場者数2000万人、年間売上高約600億円達成へ

 4月20日に1周年を迎えるギンザ シックス(GINZA SIX)が、1年間の総来場者数2000万人、年間売上高が約600億円に達する見込みだと発表した。1年前の予想値を達成する見通しで、顧客年齢層は20~60代、男女比もほぼ同数だという。売り上げをけん引したのは都内をはじめとする富裕層で、海外を含め広域からのリピート客が増加傾向にあるという。今後は香港や台湾など、海外のラグジュアリーモールと相互送客施策を開始する予定だ。

 ギンザ シックス開業以来、この1年間で他商業施設も含めて銀座の街へ訪れる人が増えているという声も聞こえるが、東京メトロ銀座駅では定期以外での乗車人数が1日あたり約7400人増加したという。2017年12月には銀座駅からギンザ シックス地下2階につながる通路が開通したこともあり、さらに利便性が増しそうだ。

 また、3日には開業以来吹き抜けに展示されてきた草間彌生の「南瓜」に代わる新たな作品がお披露目。作品を手掛けたのはフランス人アーティストのダニエル・ビュレン(Daniel Buren)で、10月31日まで展示される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。