ビジネス

ビューティ誌「ビーズアップ」が誌名を変更してリスタート

 ビューティ誌「ビーズアップ(bea's up)」は3月12日発売号より、誌名を「アッププラス(up PLUS)」に変更する。「ビーズアップ」は1997年2月に創刊。21年の歴史に終止符を打ち、新たな名称で再スタートを切る。

 20代の女性をターゲットにした美容情報を取り扱ってきた「ビーズアップ」は、編集制作と広告営業はナインジー、発行はセブン&アイ出版とスタンダードマガジンが共同で行ってきた。

 しかし、スタンダードマガジンが17年9月12日号での休刊を発表。その後、編集制作と広告営業の体制はそのままに、発売元をネコ・パブリッシングに変えて10月12日号から発行を続けていた。

 誌名変更は「さらなるコンテンツ強化」が理由で、紙媒体だけにとどまらず、ウェブサイトや動画、流通などと連動して、美容マニアをターゲットにコンテンツ作りを行うという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら