ファッション

パリ装飾美術館が日本食レストランに!? H&Mの“すぐ買える”ショー

 H&Mのハイエンドライン「H&Mストゥディオ(H&M STUDIO)」は2月28日、 “SEE NOW, BUY NOW”形式の2018年春夏コレクションをパリ装飾美術館で発表した。同ブランド初めてのディナーショー形式で、セレブリティーやインフルエンサーなどを招待。

カロリーヌ・ド・メグレ(Caroline de Maigret)、アレクサ・チャン(Alexa Chung)、ジョアン・スモールズ(Joan Smalls)をはじめ、日本からは植野有砂と中田クルミが来場した。

 今季のテーマは日本。会場に入ると着物を身にまとったスタッフが笑顔で出迎え、履いていた靴を下駄箱に入れて、足袋を履くように指示する。初めて足袋を履くゲストは着用に苦戦しながらも、非日常的な体験を楽しんでいた。

 天井に飾られた大きな提灯(ちょうちん)はそれぞれ“四季”“春”“夏”“ストゥディオ”“二〇一八”と筆文字でで書かれている。床には畳、テーブルには生け花が飾られ、まるで日本食レストランのような空間が広がっていた。着席後、数百人のゲストは配膳された寿司や刺身、炊き込みご飯などの和食を堪能した。

 コレクションは、ひらがなを変形させたグラフィックプリントや、ボードゲームから着想した緑や黄色、赤のポップな色柄が印象的。ロングドレスにワイドパンツを合わせたり、アシンメトリーなフリンジスカートのロングドレスなど、ロング&リーンのミニマルなシルエットで、洗練されたイメージにまとめた。

 パニラ・ウォルフォルト(Pernilla Wolfart)H&Mデザイン・ディレクターは「着物に代表される日本の直線的なシルエットをモダンな日常着に取り入れた。偶然にも今春、パリ装飾美術館では日本の展覧会が予定されている。いいタイミングでこのコレクションをローンチできてうれしい」と話す。

 ショー後日の3月1日から販売を開始し、現在日本ではH&M渋谷店、新宿店、オンラインストア限定で取り扱っている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら