ファッション

「H&M STUDIO」の秋冬ルックにぽっちゃりモデル登場 ダイバーシティーで強い女性と自立心の美しさを表現

 「H&M」がパリコレ期間中に発表しているハイエンドラインが「H&M STUDIO」だ。インハウスのデザイナーのみで製作した、ファッション性の高いキーコレクションを展開している。今秋冬のテーマは「強い女性と、その自立心の美しさ」で、今年3月にドーム型の歴史的な建造物ブルス・ド・コメルス(証券取引所跡地)で披露。「H&M」の企業が掲げるキーワードの一つ、「ダイバーシティ(Diversity)」の目線から選んだ、多様な体型や年齢、人種のモデルがランウエイを闊歩した。秋冬のルックブックにもショーモデルの中から3人を起用。商品は9月8日から渋谷店、新宿店とオンラインで限定販売する。

 ぽっちゃりモデルとして知られる、豊かな曲線美のプラスサイズモデルのアシュリー・グラハム(Ashley Graham)は、「ショーはとてもエネルギーに満ちていて、幅広い層のモデル達がたくさんいました。そして世界を代表して、カーヴィー体形のモデルとして選ばれたことを誇りに思っています!『H&M』のもともと大ファンなので、ルックブックの撮影はすごく楽しかった。カーヴィーなサイズがあるだけでなく、ハイエンドなところがすごく気に入っています」とコメント。

 韓国出身でブロンドヘアがアイコンの人気上昇中モデル、パク・スジュ(Soo Joo Park)は「このコレクションは、クールなテーラリングでモダンなボヘミアンな雰囲気が漂っていました!ショーではハットとヘッドピースを着用してそれもお気に入りだったけど、ウエスタンなムード漂うスネークプリントのフラットとサイハイのウエスタンブーツがすごく好きです」と説明。

 さらに、黒人モデルで「i-Dマガジン」のカバーや「セリーヌ」のキャンペーンビジュアルなどに登場しているカーリー・ロイス (Karly Loyce)は、「ショーは素晴らしかった!ブランドのショーで歩くのは初めてだったし、ブルス・ド・コメルスも初めてでした。ショーの後、ルックブックの撮影でストックホルムで同じスタッフたちに会えたのもすごくうれしかった。スタジオで楽しい時間を過ごして、思い出に残る日になったわ!」と振り返る。

松下久美

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら