ファッション

「プラダ」の名にかけて! 「ダイエット プラダ」が最新「プラダ」を解説

 「プラダ(PRADA)」の2018-19年秋冬メンズがミラノで発表されました。

 一緒に取材した後輩記者は、コレクションのキーワードを「『アーカイブ』だったのでは?」と話します。確かに最新コレクションには過去「プラダ」が発表した色と柄が多く、中でも「WWDジャパン」は「ダークトロピカル」と題したトレンドを牽引した14年春夏メンズ、同じく南国ムードながらバロックテイストの11年春夏ウィメンズ、炎を上げながら爆走するスポーツカーをモチーフにした12年春夏ウィメンズなどは、記憶に新しいところ。

 そして、一番のビッグニュースは「プラダ スポーツ(PRADA SPORT)」の赤いロゴアイテム。スポーティーなハイスペックウエアやストリートライクなスタイルがすっかり普及した今、「プラダ スポーツ」は百貨店バイヤー待望のラインになることでしょう。

 なんて思っていたら、ショーが終わってたった4時間で、この“人”がそんな「プラダ」の最新コレクションを大解剖してくれました。今やファッション界のご意見番、というかアクションが過激でグリーンピースの様相を呈してきた「ダイエット プラダ(Diet PRADA)」です。

 「ダイエット プラダ」については上記リンクで触れていますが、今回もこのインフルエンサー、圧倒的なリサーチ力で18-19年秋冬メンズに盛り込まれたアーカイブ柄を一挙にインスタで紹介しています。

 アカウントによれば、1996-97年秋冬のモチーフもあるらしく、それを即座に発見できるなんて、さすがは「ダイエット プラダ」。「プラダ」の名にかけて、いつも以上の執念のリサーチです。

 「ダイエット プラダ」は実はデュオで、トニー・リウ(Tony Liu )とリンゼイ・シュイラー(Lindsey Schuyler)という2人が運営しているそうです。2人は2018年春夏「ミュウミュウ(MIU MIU)」のショーにゲストとして招かれているので、もしかしたら「プラダ」とツーカーなのかもw⁉︎

 11月末には12万人だったフォロワーは、最近のステファノ・ガッバーナ(Stefano Gabbana)︎とのケンカや、ブルース・ウェーバー(Bruce Weber)の糾弾キャンペーンで23万人まで急上昇しています。「ダイエット プラダ」、ますます目が離せません。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら