ビジネス

ジョナサン・サンダースの後任が決定 約10年働いていた人物が「DVF」に7年ぶりに返り咲き

 「ダイアン フォン ファステンバーグ(DIANE VON FURSTENBERG以下、DVF)」は2017年12月に退任を発表したジョナサン・サンダース(Jonathan Saunders)=・チーフ・クリエィテイブ・オフィサーの後任に、11年まで10年間同ブランドで働いたネイサン・ジェンデン(Nathan Jenden)を指名した。ジェンデンはチーフ・デザイン・オフィサー兼クリエイティブ・バイス・プレジデントとして「DVF」のデザイン面すべてを総括し、2月に発表する17-18年秋冬コレクションがジェンデンのファーストコレクションになる。

 創業デザイナーのダイアン・フォン・ファステンバーグは「ネイサンが『DVF』に戻るのは非常に喜ばしく誇らしいことで、楽しみにしている。ネイサンは非常に才能がある技術的にも熟練したデザイナーで、才能溢れる若手デザイナーたちにも親しまれている。彼は“DVFウーマン”を完璧に理解しており、彼の在任中『DVF』は大きな成功を収めていた」とコメントした。

 ジェンデンは「『DVF』の本質は、取り入れやすいスタイルですべての女性に輝きとスタイル、自信、独立、自己肯定感を与えるという、ダイアンが創り出したブランドアイデンティティーだ。ダイアンはファッションだけでなく、人生へのアプローチ、芸術、文化、ダイバーシティーへの愛も深い。『DVF』はダイナミックでモダンでありながら、セルフエンパワーメントもできるブランド。そのブランドメッセージは、現代に親和性が高いと思う。私は“DVFウーマン”が欲しいものを、ブランドのエッセンスとともに与えたいと思っている。そして何より、女性が共感する素晴らしい服を作りたいと思っている」と就任への意気込みを語った。

 ジェンデンはロンドンで生まれ、セント・マーチン美術大学とロイヤル・カレッジ・オブ・アートでファッションを学んだ後、ジョン・ガリアーノ(John Galliano)に師事した。98年にニューヨークに拠点を移し、「ダリルK(DARYL K)」のデザイン・ディレクターを3年間務めた後「DVF」に移籍。「DVF」在籍中に自身のブランドを立ち上げ、中国、香港、韓国に出店した。近年では、グローバル・ブランズ・グループ(GLOBAL BRANDS GROUP)傘下の「ベベ(BEBE)」のクリエイティブ・ディレクターを務めながら、「エルヴェ レジェ(HERVE LEGER)」や「ジューシークチュール(JUICY COUTURE)」などの他の同社傘下ブランドをサポートしている。

 なお、ジェンデンが11年に「DVF」退任した後はイヴァン・ミスペラーレ(Yvan Mispelaere)が2年半後任を務めていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら