ファッション

ジョナサン・サンダースによる新生「DVF」を初披露

「ダイアン フォン ファステンバーグ(DIANE VON FURSTENBERG)」のチーフ・ クリエイティブ・オフィサーに就任したジョナサン・サンダースによる2017年春夏コレクションがメディアに向けて初めて披露された。限られた人数を招待したサロン形式で、モデルがキールックを着用し、ジョナサン・サンダース自らがコレクションについて説明した。

 コレクションは、1930年代や70年代にインスピレーションを得た、フラワープリントやグラフィカルな幾何学模様を大胆にあしらったドレスやパンツ、さらには、着物スリーブのガウンやドット柄のセットアップなどで構成されている。

 ジョナサン・サンダースは、「エレガントでありながらも現代の女性が求める着こなしやすさを追求した。それは、『ダイアン フォン ファステンバーグ』のDNAでもある。ラッフル使いや着物スリーブ、レースといった、優雅なシルエットや素材でありながら、着ている女性自身は快適でいられる服を意識した。価格もアフォーダブルであることが重要だと思っているから、価格を変えることはない。ぜひ多くの女性に楽しんでほしい」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら