ファッション

ドリス・ヴァン・ノッテンによるラストショー、会場に駆けつけた豪華デザイナー陣のコメントまとめ

ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」は6月22日、2025年春夏メンズ・コレクションを発表した。創業デザイナーのドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)が手掛ける最後のコレクションであることから、ショーの会場にはドリスと共に“アントワープ・シックス”として活躍したアン・ドゥムルメステール(Ann Demeulemeester)やウォルター・ヴァン・ベイレンドンク(Walter Van Beirendonck)をはじめ、ピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)「ヴァレンティノ(VALENTINO)」前クリエイティブ・ディレクターやハイダー・アッカーマン(Haider Ackermann)ら大勢のデザイナーや関係者が駆けつけた。ここでは、ドリスの退任を惜しみ、その功績をたたえるデザイナーの声を紹介する。

アン・ドゥムルメステール

アン ドゥムルメステール(ANN DEMEULEMEESTER)」創業デザイナー

「ドリスのことを、とても誇りに思う。学生時代から、彼はすでにファッションやビジネスについて深い知識を持つプロフェッショナルだった。人生は一度きり。(仕事を始めると)止まらない列車に乗っているようなものなので、ほかのことを自由にやりたければそこから飛び降りるしかない。(ドリスのように)自分のタイミングで退任を決めるのは、とても勇気がいる」。

ウォルター・ヴァン・ベイレンドンク

ウォルター ヴァン ベイレンドンク(WALTER VAN BEIRENDONCK)」創業デザイナー

「ドリスの現実的な考え方やそれに基づいた行動、正確で几帳面な性格に、仲間のみんなが影響を受けた。(“アントワープ・シックス”の)6人は互いに違う方向に進もうと切磋琢磨したし、そのシナジーは素晴らしかった」。

ダイアン・フォン・ファステンバーグ(Diane von Furstenberg)

ダイアン フォン ファステンバーグ(DIANE VON FURSTENBERG)」創業デザイナー

「私がアメリカファッション協議会(COUNCIL OF FASHION DESIGNERS OF AMERICA、CFDA)の会長を務めていた頃、ドリスがインターナショナル・デザイナー賞を受賞した。当時は受賞者の記念動画を制作していたので、誰に撮影を依頼したいかを聞いたら、『あなたにお願いしたい』と。それで3日間を共に過ごし、とても仲良くなった。それ以来、ドリスは毎年欠かさず、クリスマスにチョコレートを贈ってくれるの。お互いイタリアに家があるから、これからはもっと頻繁に交流したい。人生を楽しまないとね」。

グレン・マーティンス(Glenn Martens)

Y/プロジェクト(Y/PROJECT)」および「ディーゼル(DIESEL)」クリエイティブ・ディレクター

「ドリスの優れた色彩感覚や鋭い審美眼はもはや達人の域で、その作品は詩的な魅力に満ちている。今後は美しい花々にあふれた自宅の庭の手入れをしながら、ゆっくり人生を楽しんでほしい」。

ハリス・リード(Harris Reed)

ニナ リッチ(NINA RICCI)」クリエイティブ・ディレクター

「ドリスは、ファッションで遊ぶことを知っている最後のデザイナーの1人だった。プレイフルで、テキスタイルや質感にとことんこだわり、圧倒的なコレクションを発表し続けた。(キャリアの最高潮で退任することを選んだ)彼を深く敬愛する」

トム・ブラウン(Thom Browne)

トム ブラウン(THOM BROWNE)」創業デザイナー

「こうしてみんながここに集まっているのは、素敵なことだと思う。(ドリスの功績を)祝し、互いを支え合うべきときだ」。

クリス・ヴァン・アッシュ(Kris Van Assche)

デザイナー

「ドリスは、デザイナーになりたいと思わせてくれたデザイナーの1人。(ドリスも卒業しているアントワープ王立芸術学院の)学生だった頃、『ドリス ヴァン ノッテン』の店の前を通りかかる度、これほど高いレベルにまで到達しないとならないのかと圧倒されつつ、よりよい自分であろうと奮起した。ドリスのコレクションやショーは唯一無二のもので、こうした独自の強い個性を持つデザイナーがいなくなってしまうのは寂しいが、彼自身の決断である以上それが正しいものだ」。

ニール・バレット(Neil Barrett)

ニール バレット(NEIL BARRETT)」創業デザイナー

「ドリスは、本当に素晴らしいデザイナーだ。一貫性があり、誠実で、その美しい作品の数々は誰からも愛された」。

また、ほかにはヴェロニク・ニシャニアン(Veronique Nichanian)「エルメス(HERMES)」メンズ・アーティスティック・ディレクターや、「ドリス ヴァン ノッテン」の親会社であるプーチ(PUIG)のマーク・プーチ(Marc Puig)会長兼最高経営責任者らも来場していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。