ビジネス

ダイアン・フォン・ファステンバーグのCEOが1年半で退任

 ダイアン フォン ファステンバーグ(DIANE VON FURSTENBERG)のパオロ・リーヴァ(Paolo Riva)最高経営責任者(CEO)が11月17日、退任した。後任は決まっていない。ダイアン・フォン・ファステンバーグ(Diane Von Furstenberg)創業デザイナーは退任の理由について詳しくは明かさなかったものの、「違うことに専念するために会社を去る」と語った。

 リーヴァは2015年4月に、初のCEOとして同社に入社。その前はトリー バーチ(TORY BURCH)のアパレル&ビジュアル マーチャンダイジング バイス プレジデントを3年務めた他、ヴァレンティノ(VALENTINO)やサルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO)で経験を積んだ。リーヴァCEOの任期中、同社は初のチーフ・クリエイティブ・オフィサーにジョナサン・サンダース(Jonathan Saunders)を起用した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら