フォーカス

ユニクロ2018年春夏は“カジュアル”“クリーン”“スポーツ”

 ユニクロ(UNIQLO)は2018年春夏、“カジュアル”“クリーン”“スポーツ”の3つを象徴的なスタイルとして提案する。キレイめなテイストの台頭を受けて、カジュアルでもシャツをメインにしたスタイリングを多く提案。クリーンでは、ウィメンズではデザインシャツ使いを、メンズではヒット商品である“感動パンツ”の日常使いを促す打ち出しをしている。スポーツではニューヨーク近代美術館(MoMA)と組んだアーティストシリーズ“SPRZ NY”がアクティブウエアにも登場。スポーツ × アートのパワーでアスレジャーのシーンを彩る。全体を通じて、カラーはベーシックカラーにグリーンと赤を差し色にしている。

 メンズの新商品の目玉は、“スーパーノンアイロンシャツ”だ。コットン100%で、2990円というコストパフォーマンスがウェブでの先行販売でも受けている。店頭では1月15日からの販売を予定する。“エアリズム”素材のポロシャツや、サマーセーターも用意。“感動パンツ”のショートパンツや、ジャケットとパンツのセットアップも登場する。

 ウィメンズでは、前述の通り、シャツのバリエーションの拡充が特徴的だ。ストライプやカシュクール、スキッパー、抜け襟、シャツワンピースなどのデザインシャツを、カラーを豊富に展開する。佐々木希をキャンペーンに起用して絶好調だった“ワイヤレスブラ”では、淡いペールトーンや、レースタイプにフラワーデザインが加わっている。

“ユニクロ ユー(UNIQLO U)”

 元「エルメス(HERMES)」のデザイナーだったクリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)が率いるパリのR&Dセンターが手掛ける”ユニクロ ユー”。着る人をどこまでも美しく見せる革新的なデザインと、新しい素材や先端技術を融合させた「未来のライフウエアを創り出す重要なコレクション」だ。これまで、ベーシックカラーに赤やカーキなどビビッドなカラーを差し色にしてきたが、18年春夏は、森や草花のグリーンや、海や空のブルーなど鮮やかなカラーが満載だ。ストライプやカラーボーダー、カラーブロックなどのモチーフも種類が増えた。オレンジやレッドのブライトカラーも登場する。メンズで好調だったオープンカラーシャツのウィメンズ版や、水着の新作も目を引く。

“イネス ド ラ フレサンジュ(INES DE LA fFRESSANGE)”

 今秋冬に初めて手掛けたメンズは春夏は一旦休止。ウィメンズでは色鮮やかなヨーロッパの港町がインスピレーション源。。あらためてトリコロールカラ(赤青白)を多用。ギンガムチェックのコットンパーカやカシュクールドレス、ソフトイージーパンツ、さらには初のパジャマコレクションが注目だ。

“ユーティー(UT)”

 NIGO(R)がクリエイティブ・ディレクターを手掛ける”ユーティー”。漫画・アニメ好きの女子へのイチオシは「ベルサイユのばら」の名場面を収めたシリーズ、男子には「週刊少年ジャンプ」の50周年コラボ、「怪盗グルーシリーズでは:ミニオン」の「ミニオンズベローサマーコレクション」などがオススメだ。葛飾北斎の風景画を大胆に配した「北斎ブルー」や、名作の椅子をプリントした「SPRZ NY イームズ」など、アート&カルチャー性が高まっている。インバウンド客にも人気が出そうな「ラーメン」シリーズでは、「一風堂」「麺屋武蔵」「山頭火」「阿夫利」「せたが屋」「一幻」がそろって登場する。着用者のは替え玉無料や玉子無料などのサービス特典があることを願いたい。

“ユニクロ ジーンズ(UNIQLO JEANS)”

 デニムの本場・米ロサンゼルスに設立したジーンズイノベーションセンターから発信する2シーズン目の商品群では、シガレットジーンズにスモーキーピンクなどのカラーバリエーションがプラス。裏がパイル地でスエット素材のような柔らかさを持つ”イージージーンズ”はメンズ、ウィメンズ共に本格的なジーンズの表情を追求している。

“エアリズム(AIRISM)”

 吸汗速乾でサラサラな肌触りが特徴の”エアリズム”。今春夏からウィメンズのブラトップにも消臭効果をプラス。年間で着用したいというニーズに応え、メンズ、ウィメンズともに長袖を投入。”エアリズム”ブリーフに加えて、新たに”エアリズム”トランクスも用意する。

“ユニクロ スポーツ(UNIQLO SPORTS)”

 スポーツと日常の垣根をなくし、日常の全てのシーンを快適にすることを目指す”ユニクロスポーツ”。アクティブシーンをよりスタイリッシュにするために、MoMAとコラボしたアートワークをエッセンスとして注入。昨春夏からスタートしたヨガラインも強化中。吸汗速乾性や肌触りに加え、フィット感とホールド力を高めた”エアリズム アティブ ブラ”も拡充した。

“マジック・フォー・オール(MAGIC FOR ALL)”

 ディズニーとコラボコレクションでは、「ファンタジア」の世界を原画や名シーン、「ユニクロ」向けの描き下ろしで構成する”ディズニー ファンタジア(DESNEY FANTASIA)”、定番のシーンを集めた”ミッキー スタンダード(MICKEY STANDS)”、ディズニー/ピクサーの人気キャラクターを集めた”カラー オブ ピクサー(COLOR OF PIXAR)”、そして、太陽とミッキーのコレクション”ミッキー & ザ サン(MICKEY & THE SUN)”などを打ち出す。

“ハナ タジマ フォー ユニクロ(HANA TAJIMA FOR UNIQLO)”

 MoMAの「アイテムズ:ファッション・イズ・モダン」にもエアリズム製のヒジャブとストールが選ばれた。今後は、特性であるラインが出ないゆったりした服を好む方にも支持される、コンフォートウエアとして認知度を上げていく。