ニュース

猿田彦珈琲と「ポーター」がコーヒー豆の出がらしで染めたバッグを発売

 東京・恵比寿発祥のスペシャルティコーヒー専門店、猿田彦珈琲は、吉田カバンの「ポーター(PORTER)」とコラボし、トートバッグを12月13日に発売する。スペシャルティコーヒーとは生産段階から品質管理を徹底し、美味しいと認められた高品質のコーヒー。バッグには、実際に猿田彦珈琲でエスプレッソとして使用した、捨てるはずのコーヒー豆の出がらしで染めた生地を使用する。スペシャルティコーヒー店ならではの無駄のないプロダクトだ。

 バッグはL(1万8000円)とS(1万5000円)の大小2サイズを用意する。どちらにもエスプレッソコーヒーの豆を付属。ライナーは猿田彦珈琲のイメージカラーでもあるブルーに仕上げた。シェルダーストラップがついているので、2WAYで使用できる。

 吉田カバンの店舗では発売せず、猿田彦珈琲の恵比寿・別館 豆屋と、調布焙煎ホール、アトリエ仙川、表参道店、オフィシャルオンラインショップで取り扱う。

 猿田彦珈琲は2011年6月に代表の大塚朝之が東京・恵比寿にオープンした。現在は、都内に9店舗(豆屋を含む)を構え、ビームスジャパンにもコーヒースタンドを出店している。