ファッション

「サカイ」が「ポーター」とのコラボバッグ発売、ドーバーでは別注の限定アウターも

 「サカイ(SACAI)」は、「ポーター(PORTER)」とのコラボバッグとドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)の別注アウター、さらに2017-18年秋冬のカプセルコレクションを11月18日に発売する。

 「サカイ」と「ポーター」とのコラボバッグはヘルメットバッグにマチを付けてアレンジした2ウエイのトートバッグ(4万2000円)と、マチ付きのフロントポケットが付いたショルダーバッグ(3万6000円)の2型。カラーは共にネイビー、カーキ、ブラックの3色を用意する。8月に伊勢丹新宿店で先行発売されたバッグと同じもので、「サカイ」のメンズ取扱店舗で発売する。

 ドーバー ストリート マーケット限定の別注コレクション「サカイ ジェム(SACAI GEM)」からは、ウィメンズとメンズそれぞれ新作アウターが登場。ウィメンズはフレアシルエットのキルティングコートにパーカを組み合わせたロングコート(7万2000円)、メンズはウオッシュ加工のナイロンを使用したMA-1にパーカが融合したブルゾン(7万9000円)を用意する。カラーはブラック × ネイビー、カーキ × ネイビーの2色。

 2017-18年秋冬のカプセルコレクションは、「サカイ」のアイデンティティを踏襲したハイブリッドな5型を用意。ウィメンズは軽やかなスウェット素材にシャツを継ぎ合わせたドレス2型(4万2000円、3万2000円)とパーカ(3万9000円)。メンズはミリタリージャケットとファイアーマンコートを組み合わせたブルゾン(6万9000円)、リフレクターをプリントで表現したパーカ(3万9000円)をそろえる。東京・青山の「サカイ」旗艦店と、ドーバー ストリート マーケット ギンザ、伊勢丹新宿、伊勢丹新宿メンズ館、銀座三越、阪急うめだ、岩田屋の「サカイ」各店で販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら