ファッション

ポーター表参道リニューアルオープン 2階を増床

 吉田は11月22日、表参道、丸の内、梅田の直営店クラチカ ヨシダ(KURA CHIKA YOSHIDA)の店名をポーター(PORTER)に変更した。さらに表参道店は1、2階に増床し、25日にリニューアルオープンする。同店は2000年、吉田初の直営店として表参道の小路にオープン。吉田の創業80周年にあたる15年に、ホテルをイメージした空間にリニューアルしていた。

 表参道店は1階店舗から2階に続く螺旋階段を新設し、「『ラゲッジ レーベル(LUGGAGE LABEL)』を中心に、レザーバッグにフィーチャーした大人の空間にする」と阿部貴弘プレス。ドイツのカメラメーカー「ライカ(LEICA)」をコーナー展開し、「ポーター」のカメラストラップも販売する。

 1階同様、2階にもギャラリースぺースが設けられ、こけら落としとしてフォトグラファー集団マグナムの写真展を11月25日から12月27日まで開催する。「結成70周年を迎えたマグナムの写真から、“旅”をテーマにした作品を展示・販売する」という。

 “旅”にまつわるセレクトアイテムにも注目で、「ケイスリー ヘイフォード(CASELY HAYFORD)」のセットアップはシワになりにくいナイロン混ウールで素材別注している。「アイヴァン(EYEVAN)」のアイウエアは数十点を先行発売する。英国の自転車メーカー「アレックス・モールトン(ALEX MOULTON)」の別注自転車には「ポーター」のポーチが二つ付いている。「英国のサドルメーカー『ブルックス(BROOKS)』のサドルには『ポーター』のロゴが入る」という。

■ポーター表参道
オープン日:11月25日
時間:12:00~20:00
定休日:不定休
住所:東京都渋谷区神宮前5-6-8

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら