ファッション

ジョー・ケイスリー・ヘイフォードがガンのため死去 62歳

 デザイナーのジョー・ケイスリー・ヘイフォード(Joe Casely-Hayford)が2019年1月3日、がんのため死去した。62歳だった。

 ジョーは1984年、自身の名前を冠したブランド「ジョー ケイスリー ヘイフォード」を設立。アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)やフセイン・チャラヤン(Hussein Chalayan)、ジュリアン・マクドナルド(Julien Macdonald)が登場する前のロンドンで、彫刻的なフォーマルウエアを軸にメンズウエアの一時代を築いた、黒人デザイナーの先駆的存在だった。早くから音楽業界と進行を深め、U2やベティー・ブー(Betty Boo)、ザ・クラッシュ(The Clash)らに衣装を提供。第二次世界大戦で用いられたテントからコレクションウエアを生み出すなど、サステイナビリティーの先駆けでもあった。

 その後は一時低迷したが、2005〜08年の「ギーブス&ホークス(GIEVES & HAWKES)」のクリエイティブ・ディレクターを経て、息子のチャーリー・ケイスリー・ヘイフォード(Charlie Casely-Hayford)とともに「ケイスリー ヘイフォード」を設立。「ジョー ケイスリー ヘイフォード」のアーカイブをアップデートさせるとともに、ジャケットとシャツのフェイクレイヤード、伝統的なツイードを用いたジョギングパンツなど、ストリートのエッセンスを加えるアプローチでフォーマルをモダンに仕上げた。

 18年10月には、ロンドンのメリルボーン地区にオーダースーツを核とする1号店をオープン。一方、ジョーの病のため、19年春夏コレクションは発表していなかった。

 「ケイスリー ヘイフォード」は、三喜商事がディストリビューターを務めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。