ファッション

「大人が着られるモードなエレガンスがない」 萩原輝美さんが手掛ける「テン」

 「テン(TEN)」は、ファッションディレクターの萩原輝美さんが2018年春夏に立ち上げたウィメンズブランド。“モードを楽しんできた大人の女性のための普段着”として、上質な素材を使ったリラックス感のあるウエアをそろえる。3シーズン目となる19年春夏は、バルーンディテールやギンガムチェックといったガーリーな要素を取り入れつつ、凝ったパターンで大人が着られる落ち着いたムードに仕上げた。インポートブランドを扱う個店セレクトショップなどで販売する。

 萩原さんは1970年代に「ミルク(MILK)」でファッションに目覚め、そこから古着、海外ブランドと興味を広げてきた。一時パリに住んでいたが、帰国してからはギンザ・コマツのバイヤーを経て、「デザインワークス(DESIGN WORKS)」のウィメンズディレクションなどを担当。経歴からも分かるように、自他ともに認めるファッション好きだ。「エレガントでモードなブランドを中心に、ファッションにはかなり投資をしてきたが、アルベール・エルバス(Alber Elbaz)が『ランバン(LANVIN)』を去って以降、大人が着られるモードでエレガントなブランドが見当たらず、買いたい服がない」という。また、ライフスタイルの変化の中でスニーカーやカジュアルなアイテムも身に着けるようになったが、「いいものを知っている以上、中途半端なものでは満足できない」。そこで一念発起し、自身のブランドを立ち上げた。

 19年春夏物は、旅先でも重宝しそうな軽いドレスを充実している。張りのあるタフタでボリュームシルエットを表現したバルーンドレス(8万5000円)と、細かなタックで腰に量感を出したギンガムチェックのドレス(7万5000円)。そこに、レースにチュールを重ねたコンパクトなブルゾンや、グログランの軽い羽織りを合わせる。Tシャツは、ラグランスリーブにダーツを入れて肩を丸く華奢に見せる。パターンは、海外でも経験を積んだ知人が手掛けているという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら