ファッション

「ヴィーロン」、東京で再びポップアップ開催 すでにエイサップ・ロッキーがライブでアイテムを着用

 ニューヨークを拠点とするヒップホップ集団、エイサップ・モブ(A$AP MOB)の創立メンバーのエイサップ・バリ(A$AP Bari)が手掛けていた「ヴィーロン(VLONE)」が11月24日、渋谷・神宮前でポップアップストアをオープンする。現在、バリと同じくエイサップ・モブに所属する人気ラッパーのエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)とともにブランドを率いている香港人デザイナーのエディソン・チャン(Edison Chen)と「ヴィーロン」の公式インスタグラムが発表した。

 チェンは自身のインスタグラムで、いばらの冠を被る男性のイラストに「TOKYO / BLACK FRIDAY / JINGUMAE / EXCLUSIVE PRODUCTS NOVEMBER 24 2017」のテキストを添え投稿。テキストからクリスマス・セールのスタートでどの小売店も黒字になるとされる11月第4週の金曜日「ブラックフライデー」をテーマとした限定アイテムのラインアップが予想される。また、「ヴィーロン」の公式インスタグラムでは「New Vlone Black Friday」のテキストとともに、エイサップ・ロッキーがライブでドクロと骨をモチーフとしたTシャツを着用した画像を投稿。チェンも同様のTシャツを投稿していることから、限定アイテムのうちの1つと考えられる。その他のアイテムのラインアップや販売方法、店舗の場所は不明だ。

 「ヴィーロン」は10月にも東京と福岡でポップアップストアをオープンしており、東京では世界先行販売アイテムを求め、顧客が殺到。2日目の早い時間帯でほぼ全アイテムが完売し、当初3日間の予定だったが2日目に閉店した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら