ファッション

丸井がレンタルビジネスに参入、有楽町マルイで時計のレンタルを開始

 丸井グループが時計のレンタルサービス「カリトケ(KARITOKE)」を運営するクローバーラボと協業し、時計のレンタルサービスを開始する。まずは23日、有楽町マルイ8階にある「フォードットウオッチ」に高額時計を集めたレンタル専用の常設店舗をオープンする。

 店頭には約60点の時計をそろえる。店頭では試着して店員のアドバイスを受けながら商品を決定できる。レンタルしたい時には運転免許証などで本人確認をとり、オンラインで会員登録・決済を済ますことで、即日商品を持ち帰ることができる。返却期限はなく、月に1度まで時計の交換もできる。

 レンタル料金は、貸し出す時計の価格帯によって4つのプランを用意。「ハミルトン(HAMILTON)」「ガガミラノ(GAGA MILANO)」など10万〜15万円の時計があるカジュアルプラン(月額3980円)と「オメガ(OMEGA)」「ブライトリング(BREITLING)」「タグ・ホイヤー(TAG HEUER)」「カルティエ(CARTIER)」など15万〜30万円の時計を含むスタンダードプラン(月額6800円)、「ロレックス(ROLEX)」「IWC」など30万〜60万円の時計を含むプレミアムプラン(9800円)、「ウブロ(HUBLOT)」「ジャガー・ルクルト(JAEGER LECOULTRE)」など60万〜200万円の時計を含むエグゼクティブプラン(1万9800円)がある。

 クローバーラボは2009年に設立。今年5月に時計のレンタルサービス「カリトケ」をローンチし、9月1日には心斎橋に初となる予約制の実店舗をオープンしたばかり。マルイ内の店舗は2店舗目となる。今後は反響をみて店舗拡大などを検討するという。

 丸井はブランドバッグのレンタルサービスを展開するラクサス・テクノロジーズとの提携も発表しており、まずは有楽町マルイで11月18、19日と12月2、3日、新宿マルイ本館で11月25、26日と12月9、10日に「ラクサス」の限定店舗を出店する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら