ファッション

ミズノがマラソン足袋 “陸王”の製作風景ムービーを公開

 ミズノは11月17日、TBSドラマ「陸王」に出てくるマラソン足袋“陸王”の製作風景を映した動画を同社公式サイトで公開した。“陸王”は、劇中で老舗足袋製造会社「こはぜ屋」が倒産の危機の中で会社の存続を賭けて開発したランニングシューズ。足袋作りの技術を生かした軽さとフィット感を持つ裸足感覚が特徴。同シューズの製作を担当したのは、オリンピック選手をはじめ、多くのトップアスリートのシューズを手掛けるミズノテクニクスの亀井晶。動画には、亀井が“陸王”のソール部分を製作する様子が収められているが、作業には通常のシューズの1.5倍に当たる丸一日を要したという。トップ選手用の素材を使用するなど、品質にもこだわっている。

 ドラマは、池井戸潤の同名小説が原作で、主演の役所広司の他、山﨑賢人、竹内涼真らが出演し、10月15日から放送されている。19日の第5話の放送終了直後には、17日に公開された動画が同社公式ツイッターにも投稿され、リツイート数は20日時点で2000以上に上り、また同投稿に対して “陸王”の商品化を求めるコメントも集まっている。ミズノは“陸王”の他、劇中に登場するランナーのトレーニングウエアなどの衣装協力も行っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら