ファッション

第35回「毎日ファッション大賞」に「ハイク」 新人賞は中里唯馬

 毎日新聞社は、第35回「毎日ファッション大賞」の受賞者を発表した。今年の大賞は、「ハイク(HYKE)」の吉原秀明・大出由紀子デザイナー。新人賞・資生堂奨励賞は、「ユイマ ナカザト(YUIMA NAKAZATO)」の中里唯馬が受賞した。11月29日に都内で表彰式を行い、受賞者がファッションショーを披露する。「ハイク」の吉原・大出デザイナーは、「設立当初から既成概念にとらわれず、思うままにブランドビジネスを展開してきた私たちが本賞をいただけたことで、これまでたどってきた道は間違っておらず、これからも自分の信じた道を歩んでゆけばよいと背中を押されたように感じております」とコメントを寄せている。

 また、鯨岡阿美子賞にスタイリストの高橋靖子、話題賞にアシックス(ASICS)とギンザ シックス(GINZA SIX)、特別賞に島正博・島精機製作所会長が選ばれた。

 なお、選考委員は清水幹治・経済産業省商務サービスグループクールジャパン政策課課長、太田伸之クールジャパン機構社長、呉佳子・資生堂ファッションディレクター、児島幹規「装苑」編集長、テキスタイルデザイナーの須藤玲子、中島敏子「ギンザ(GINZA)」編集長、渡辺三津子「ヴォーグ ジャパン(VOGUE JAPAN)」編集長、小松浩・毎日新聞社主筆、向千鶴「WWDジャパン」編集長が務めた。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら