ファッション

9層からなるビル自体がまるでアート 「シャネル」銀座並木ブティック改装オープン

 シャネル(CHANEL)は12月1日、銀座並木通りの路面店をリニューアルオープンする。同店は、1994年にオープンした日本の路面1号店で、3年弱をかけて内外装ともにリノベーションした。

 9層からなる自社ビルの内、6層・476平方メートルを売り場で使用する。設計はピーター・マリノ(Peter Marino)が手掛け、「シャネル」を象徴する色である黒、白、ベージュをはじめゴールドを取り入れるなどフロアごとにキーカラーを設けている。自然光が入る1階は黒と白を基調とし、バッグとアクセサリーをそろえる。2階は木のフローリングにツイードを思わせるベージュのカーペットを敷き、シューズやアクセサリーを展開。3階ではプレタポルテとバッグ、ウオッチを、4階ではプレタポルテを扱う。8階には日本初となるトリートメントサロン「ル サロン ボーテ」が、9階には多目的使用の空間「ル サロン プリヴェ」が誕生する。

 黒と白のパネルで彩られたファサードには、リニューアルオープンを記念して2カ月間、アーティストの向井修二のアートワークを施している。店内にもさまざまな国のアーティストによるアートピースが飾られ、1階から4階のエレベーター前ではアンソニー・ピアソン(Anthony Pearson)によるブロンズのレリーフや、ハインツ・マック(Heinz Mack)による水墨画、グレガー・ヒルデブラントやローレンス・キャロル(Lawrence Carol)による絵画が飾られている。4階の試着室には山内雅夫によるアートピースを設置する。

関連記事

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら