ファッション

9層からなるビル自体がまるでアート 「シャネル」銀座並木ブティック改装オープン

 シャネル(CHANEL)は12月1日、銀座並木通りの路面店をリニューアルオープンする。同店は、1994年にオープンした日本の路面1号店で、3年弱をかけて内外装ともにリノベーションした。

 9層からなる自社ビルの内、6層・476平方メートルを売り場で使用する。設計はピーター・マリノ(Peter Marino)が手掛け、「シャネル」を象徴する色である黒、白、ベージュをはじめゴールドを取り入れるなどフロアごとにキーカラーを設けている。自然光が入る1階は黒と白を基調とし、バッグとアクセサリーをそろえる。2階は木のフローリングにツイードを思わせるベージュのカーペットを敷き、シューズやアクセサリーを展開。3階ではプレタポルテとバッグ、ウオッチを、4階ではプレタポルテを扱う。8階には日本初となるトリートメントサロン「ル サロン ボーテ」が、9階には多目的使用の空間「ル サロン プリヴェ」が誕生する。

 黒と白のパネルで彩られたファサードには、リニューアルオープンを記念して2カ月間、アーティストの向井修二のアートワークを施している。店内にもさまざまな国のアーティストによるアートピースが飾られ、1階から4階のエレベーター前ではアンソニー・ピアソン(Anthony Pearson)によるブロンズのレリーフや、ハインツ・マック(Heinz Mack)による水墨画、グレガー・ヒルデブラントやローレンス・キャロル(Lawrence Carol)による絵画が飾られている。4階の試着室には山内雅夫によるアートピースを設置する。

関連記事

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら