ビジネス

資生堂欧州事業の新社長にフランク・マリリーが就任

 資生堂は2018年1月1日付けで、ヨーロッパ・中東・アフリカを統括する資生堂グループEMEAの社長兼最高経営責任者(CEO)にフランク・マリリー(Franck Marilly)が就任すると発表した。フランク・マリリー新社長兼CEOは、EMEA地域でフレグランスブランドやプレステージ化粧品ブランドの育成を含む事業を統括し、事業拡大を進める。また、昨年に生産・販売権を得た「ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)」で来年以降に新商品を販売するなど世界的ブランドのフレグランス事業を統括し更なる強化を図る。

 資生堂EMEAは、ルイ・デサザール(Louis Desazars)が社長兼CEOを退任したばかりで、現在は同社の最高業務責任者であるエリック・アンリ(Eric Henry)が職務を代行している。マリリー新社長は、シャネル(CHANEL)のマネージングディレクター(イタリア、フランス担当)やファッション部門のシニア バイス プレジデント(アメリカ担当)を歴任し、10年から欧州でフレグランス&ビューティー部門のマネージングディレクターを務めてきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。